KOASTAL SPRING JAM 2022 無事に終了しました!

笑あり、涙ありのドラマチックなイベントに。

27日(日)に鵠沼海浜公園スケートパークで開催しました「KOASTAL SPRING JAM 2022」 無事に終了しました!鵠沼海浜公園スケートパークでの開催は、コロナウィルス等の影響により2年ぶりとなったKOASTAL JAM。 雨風の影響で翌日27日に延期となりましたが、イベント当日は暖かく穏やかな天候の中イベントを開催する事が出来ました。

今大会は新しい試みとして、ジャッジを年齢性別関係なく行う「オープンクラス」とジャッジを行わない「エンジョイクラス」の2クラスで開催。結果は、貝瀬鼓太郎選手(高1)が初優勝。それに続く2位の白井 伶穏選手(小6)、3位の松浦 葵央(KOASTALジュニアチーム)選手(小5)はまだ小学生と次世代のライダー達の活躍が目立ったコンテストとなりました。

カテゴリー別表彰では、鵠沼ローカルの尾後家優斗選手(小3)が他者を寄せ付けない圧倒的な差でキッズロー優勝。オープンでも7位に入る素晴らしいライディングを魅せてくれました。キッズハイ優勝は、オープンで2位入賞した白井 伶穏選手。高さのあるジャンプで伊藤 優選手(中2)がジュニア優勝。女の子とは思えないキレのある走りで白井 玲恵奈選手(小4)がガールズ優勝。オーバー30は、グラインドなどを交えたライディングで中口 逸人選手が僅差で優勝を飾りました。

今大会は、初心者以外で「勝敗に関係なく走りたいライダー達」も参加できるよう前大会までの「ビギナークラス」を「エンジョイクラス」に改め開催。今日、オリンピックの影響もありBMXのスポーツ化が進む中で、勝つことだけがBMXやマウンテンバイクではない。年齢や性別、レベルに関係なく一緒に楽しめ、お互いを高め合えるのがこのスポーツの魅力だと思っています。そんな一面を一人でも多くの人に知ってもらえたら幸いです。

イベントを終えて「感動した!」という言葉を父兄の方達から多数いただきました。 普段諦めてしまうような場面でも、コンテストの雰囲気、MCや仲間達の応援によっていつも以上の力が発揮できる場になっていたと感じました。

また、毎回コンテストを開催して感じることにはなりますが、コンテストに向けていつも以上に真剣に練習に励む姿や、イベントの最中も自分との戦いに打ち勝ち成長しているライダー達の姿を目の当たりにして、普段の練習の成果をアウトプットする場を皆求めているのだと再認識できました。

改めまして、
エントリーしてくれた皆さん、観戦や応援に来てくれたご家族の皆さん

ご協賛いただいた
COUNTERATTRACTION、FULLCLIP、TUBAGRA、株式会社スリースター商会、JYKK JAPAN、Z.E.N distribution、モトクロスインターナショナル

ご協力・ご後援いただいた
藤沢市、藤沢市教育委員会、鵠沼海浜公園スケートパーク、藤沢市自転車協会

の皆様

そして、MCやスタッフとして一緒にイベントを盛り上げてくれたダニエル、こたろー
朝早くから設営、受付や撤収まで手伝ってくれた鵠沼ローカルの皆んな

ジャムやコンテスト等皆で集まって乗れる機会が減り続けている中で、本イベントを開催・無事終了出来たのも、ご協賛・ご後援・ご協力いただいた皆様のおかげと心より感謝申し上げます。これからもこのような場を定期的に作っていきたいと思いますので、今後ともKOASTALをよろしくお願いいたします。

KOASTAL SPRING JAM 2022の各クラスのリザルトもアップしています。 下記URLからご確認ください。
https://koastal.jp/blog/event-info/12587/

KOASTAL SPRING JAM 2022 関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

電話
メール
LINE友だち登録
0
Cart
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。