バニーホップ不要!!遊びながら練習出来るトリック10選!!

こんにちは、MIYA-Gです!

今回は、バニーホップがまだ出来ないあなたでも、遊びながらバイクコントロールを向上させる事ができるトリック10個を簡単なハウツーを交えて紹介していきます!バニーホップが出来るあなたも是非挑戦してみてね!

動画は、記事の最後に!

10個のトリックに挑戦してみよう!

1.ぐねぐね?!

まず最初は、トリックと言うよりもテクニック?ハンドルを左右に振って進む「ぐねぐね」

※ちなみに勝手に「ぐねぐね」て言ってるだけでトリック名じゃないです!笑

スケボーで言ったら「チックタック」に近いのかな?最初は、ハンドルを左右に振るだけでも進むけど、慣れてきたら体重移動でも進めるようになります!

ここで注意!あまりスピードを出し過ぎるとハンドルが切れたまま前転して痛い思いをする事があるから絶対に調子に乗ってスピードを出さないように!

2.両手離し

2つ目は、自転車に乗ったことがある人なら1度はやってみた事があるんじゃないかな?「両手離し」です。

マウンテンバイクなら簡単だけど、シートの低いBMXでやるのは意外と難しかったです!バランス感覚を鍛えましょう!

3.キックフリップ

3つ目は、いきなりBMXっぽいトリックになりますが「キックフリップ」

前足でペダルをしゃくってクランクが一回転するように蹴ります!クランクが回ってきたら両足でキャッチします!

ここで注意!キャッチする時にしっかりペダルを見る事!踏み外すと脛がめっちゃ痛いです。笑 怖い人はサッカーのすね当てでも着けて挑戦しよう!

4.一本橋

「一本橋」はバランスを鍛えるのにもってこい!最初は、少し幅広めの低い場所から挑戦してみましょう!

近所にちょうど良い場所が無い人は、ホームセンターで木材買ってきて練習するのもありですね!上手になればもっと高くて細い場所も走れるようになるよ!

5.縁石アップ

5つ目は、「縁石アップ」

段差に前後輪が引っかからず登れるようにしましょう!特に後輪の位置を意識するのがポイント!これが上手に出来るようになればバニーホップも出来るはず?!

6.バックライド

当たり前だけど、普通自転車って前向きに乗りますよね!

この「バックライド」は、なんと後ろ向きで進みます!!別に出来なくても全く困らないけど、出来たら友達に自慢できるかも?!

コツは、最初の1コギとハンドルに体重を載せる事!

7.フットジャム

パーク競技ではよく使われるこのトリック。まずは、平地で感覚を掴みましょう!フォークとタイヤの間に足を置いて踏みつけるのがポイント!前荷重にし過ぎると前転するので気を付けてね!

ちなみにフロントブレーキで後輪を浮かす場合は、「ジャックナイフ」って言います。

8.スタンディング相撲

8つ目は、「スタンディング相撲」

範囲を決めてその中で足を着かない様にバランスをとります!大人数でやるのも楽しいです!たまに信号待ちでやってる人を見かけますよね!勝負を挑みましょう!笑

9.壁当てフェイキー

続いては、「壁当てフェイキー」

これなら180が出来なくてもフェイキーの練習が出来ます!慣れてきたら「7」でやった「フットジャム」と組み合わせても面白いですね!

壁に当たる瞬間に抜重して衝撃を吸収してあげるのがポイントです!

10.ペットボトル(軽石)飛ばし

最後は、「ペットボトル飛ばし」

まずは、フロントタイヤで!慣れてきたらリアタイヤで挑戦してみましょう!

今回は、ペットボトルが無かったので落ちていた軽石でやりましたが、最初は500mlのペットボトルがやり易いと思います!慣れてきたら徐々に小さいものにしていきましょう!

人や物にぶつからない様に広い場所でやってね!

動画はこちら!

この動画が役に立ったという方は高評価!グッドボタンをお願いします。 また、KOASTALのYouTubeチャンネルでは、初心者に役立つハウツーや普段の僕たちの練習・イベントの映像も毎週投稿しています。是非チャンネル登録もよろしくお願いします!

まとめ:バイクコントロールを鍛えよう!

どうでしたか? こんなのトリックじゃない!!とか

意味無い!と思うものもあったかもしれませんが、 自転車を自由に操るバイクコントロールを鍛えれば、BMX・マウンテンバイクのどんな競技にも役立ちますよ!

遊びながらスキルアップしましょう!!

実際にBMXやマウンテンバイクを習ってみたい!という方は、スクールも行ってますので、お気軽にご連絡下さい!

スマホさえあればどこにいてもレッスンが受けられる「オンラインレッスン」も近々スタートします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。